fc2ブログ

島津義弘の関ヶ原 その192

『必死は必生につながる その28』

小早川秀秋が早々と松尾山に布陣した折、家康は徳川四天王の井伊直政と本多忠勝を使いに立て、

小早川家老臣の稲葉正成に誓書を渡していた。

松尾山縄張り(CG画像)
松尾山城縄張り

『三成に謀意し、家康に忠節を尽くせば、領国を安堵し、さらに2国を与えよう・・・』

寝返りするには破格の好条件であった。

しかし、小早川秀秋はいっこうに山を下りる気配がなかった。

それどころか、東軍苦戦と見て、松尾山から一気に家康本営へと攻め下ってくる気ぶりさえあった。

あの虚弱児が、すべての勝敗の鍵を握っておるとは・・・。

家康は、また爪を噛む。

秀秋の寝返りがなければ、東軍の勝利はおぼつかない。

そのことに愕然とし、家康は将としての誇りを傷つけられた。

石田の重火器の猛爆によって、形勢はまたも逆転した。宇喜多勢や大谷軍も息を吹き返し、東軍に槍

を突き入れている。

このまま放置していては、さらに敗勢に追い込まれる。

家康は決断した。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 202110017




<参考文献:島津義弘(加野厚志・Wikipedia>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム