fc2ブログ

島津義弘の関ヶ原 その193

『必死は必生につながる その29』

「鉄砲隊を松尾山に向かわせよ!」

意図を計りかね、近臣の酒井が視線をさまよわせた。

「金吾を打ちすえてくれる!松尾山の陣に向けて督促の銃撃を加えよ」

松尾山から見る関ケ原
se.松尾山から見る関ケ原

「されど、もし秀秋さまが怒って反撃してくれば」

臣下の問いに、家康は答えなかった。

恫喝に屈せず、小早川秀秋が1万6千の兵を束ねて逆襲してくれば東軍は壊走する。

あるいは、督促の銃声にせかされて西軍の背に攻め下るかもしれない。

どちらとも読めぬが、ほかに打開策はなかった。

松尾山への銃撃は、のるかそるかの大博打であった。

鉄砲隊の布施源五郎が本営の馳せ、家康からすでに内意を受けているらしく、きっぱりと言った。

「上様、つるべ撃ちを食らわして、かならず小早川軍の眠りを覚まさせまする」

「たのむぞ源五郎、遠慮なく連射いたせ」

「なれば、わが本営の前面で鳴りを静める島津の軍勢は・・・」

「捨てておけ。惰弱な鬼子は叩き起こしても、真の鬼はじっと眠らせておかねばならぬ」

家康は不快げに言った。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 202110018




<参考文献:島津義弘(加野厚志・Wikipedia>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム