fc2ブログ

島津義弘の関ヶ原 その239

『関ケ原の敵中大突破 その28』

強気の秀吉も、平壌を奪還されたことで明との和議を受け入れる気になっていた。

が、戦勝国の立場は捨てきれない。

黄金の茶室
ou.黄金の茶室

明使を黄金の茶室に招き、『日明講和七か条』をさし示した。

秀吉の朱印が押された講和条件は、節度がないまったく無謀な代物であった。

冒頭の一条を見て。明使は首に青筋を浮かべ憤慨した。

一、 明国の皇女を日本国天皇の妃にする。

明使は怒りを静めて席を立ち、非礼な国書をたずさえて帰国した。

当然、対明和議は決裂した。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20211208




<参考文献:島津義弘(加野厚志・Wikipedia>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム