fc2ブログ

島津義弘の関ヶ原 その286

『武士の意気地を見るべし その32』

無足衆の藤井兄弟は、合戦前後の偵察行で手柄を立て、すでに義弘から知行地を与えられていた。

だが、兄弟そろって国の地を踏むことはできなかった。

牧田川
ma.牧田川

吾介は牧田川の畔で力つきた。銃創を受けても痛みを堪え、体中の血がすべて流れ出るまで走り抜

いた。

「俺(おい)が代わって前棒を持とう」

中島大蔵が、ひょいと山駕籠を担いだ。

巨漢の大蔵は200石どりの上士である。

他の担ぎ手の3人は無足衆であった。しかし、危急のさいは身分は問われない。

本多忠勝の追撃軍が、すぐ背後に迫っている。

そして、牧田川の対岸には井伊の騎馬隊が蹄(ひずめ)がひびいていた。

義弘は短く言った。

「走れ!」

山駕籠が上がった。

こんどは陣形を『逆矢』に組み替え、隊の後尾を矢先にして牧田川の土手を突っ走った。

山駕籠は速さを増した。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20220130




<参考文献:島津義弘(加野厚志・Wikipedia>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム