fc2ブログ

島津義弘の関ヶ原 その287

『武士の意気地を見るべし その33』

心こそ戦する身の命なれ

 そろゆけば生きそろわねば死す

義弘は駕籠にゆられながら、祖父・日新斎(島津忠良)の『いろは歌』を呟いた。

島津忠良(1492-1568年)
sh.島津忠良

将兵の心はひとつに揃っている。

たとえ島津軍団が全滅しても、大薩摩の長(おさ)を生かして故国へ還(かえ)す気だった。

副将の島津豊久は、義弘には何も告げずその場に居残った。

「おさらば・・・」

サッと片手をおがみして、伯父の載った山駕籠を見送った。

追撃は急である。

このままでは逃げ切れない。敵をかく乱して時をかせぐ必要があった。

豊久の傍にはわずかばかりの臣下が付き従っている。

豊久は先鋒をうけもち、300の手勢はことごとく討ち死にした。からくも生き残った18人も、死

の同行者になろうとしていた。

豊久が主君の伯父を守りぬこうとするように、彼らもまた豊久の身を最後まで防ぎきる覚悟であった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20220131




<参考文献:島津義弘(加野厚志・Wikipedia>
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム