fc2ブログ

島津義弘の関ヶ原 その303

『武士の意気地を見るべし その49』

井伊直政は、島津の嘆願書を快諾した。

「これよりは島津家をお守りいたす」

すがられたことで、武士の誇りが満たされたのです。

島津義弘(1535-1619年)
sh.島津義弘

義弘を討ちもらし、鉄砲傷まで負ったことも、島津の武勇を讃える気持ちに変わった。

慶長7年(1602年)4月11日、家康の裁定が下った。

島津の所領は安堵、義弘の身も保証された。

なんと、関ケ原合戦から2年もの月日が経っていた。

島津義弘は70過ぎまで島津の政事に参画し、引退後は領民の教化につとめ、波乱の生涯をふりかえ

って『御自記』を書きまとめた。

元和5年(1619年)7月21日。 享年85歳

大薩摩の長たる島津義弘は、畳の上で眠るがごとく大往生した。

「玄妙なり、関ケ原・・・」

瞳をとじるとき、義弘の目に最後に映じたのは、関ケ原の広野に咲き乱れる深紅の彼岸花であったで

しょう。


島津義弘に長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。

次回の武将は、戦国時代がまだ、まだ残る徳川家光を勉強してみたいと思います。

ぜひ、お付き合い戴ければ、嬉しいです!


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20220216




<参考文献:島津義弘(加野厚志・Wikipedia>

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

piglet01さん、おはようございます。

祝!完結。
島津忠良が傍系だったとか、この連載で初めて知りました。
家光も楽しみにしてます。

三島の苔丸 さま

三島の苔丸さん、こんにちは。

島津家は歴史が長いので、系図も複雑ですよね。
そうなんです、忠良さんは分家の相州系ですが、長子・貴久が15代当主となった後、16代・義久、17代・義弘と繋がってきたようです。
美人であったという常盤さんが印象的でした^^。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム