fc2ブログ

蒲生氏郷 その25

『見事な殿(しんがり)軍ぶり』

小牧・長久手の戦いは、徳川方では長久手で秀吉の別動隊に痛烈な打撃を与えた名誉を最後まで守り

続けようとして、後はいくら秀吉が仕掛けても相手にならず、守りを固くして小牧の砦にこもってい

たので、秀吉としては施す手がない。

小牧城
ko.小牧城

といって、いつまでも留まっていられず、引き上げることにしたが、その殿軍が重要であった。

へたな引き上げをして、徳川方の追撃が成功すれば、敗戦に敗戦を重ねたことになって、秀吉の評判

はガタ落ちになり、やがて天下の体勢にも影響するかも知れない。

しかし、秀吉は前の清州城で氏郷の殿軍を見ているので、

「氏郷、こんども頼むぞ」

と命じた。

氏郷は快諾し、見事な殿軍ぶりを見せたという。

この時、氏郷は29歳であった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20220518




<参考文献:海音寺潮五郎(武将列伝)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム