fc2ブログ

蒲生氏郷 その112

『氏郷40歳で没する』

氏郷は秀吉の朝鮮出兵が始まると、秀吉の供をして肥前の名護屋城に行っていたが、そこで下血の病

気をわずらった。

今なら結核性の痔ろうというところでしょうか。

蒲生氏郷(1556-1595年)
ga.蒲生氏郷

秀吉に従っている医者にかかって治療につとめたが、どうしてもはかばかしくない。

間もなく正親町上皇が崩御されて、秀吉が帰京したので氏郷も随従して帰京したついでに、堺の宗淑

というのが名医であると聞き、治療を頼むと、こんどは効験いちじるしく、まもなく快癒した。

しかし、秀吉についてまた名護屋に下ると、再発した。

宗淑を境から呼んで治療させたが、今度は効験がない。

秀吉も心配して、侍医らをつかわして診察させた。

いずれも

「難治症」

という。

治療には曲直瀬道三と宗淑があたったが、次第に衰弱がつのり、京都に帰って2月7日、享年40歳

で没した。

その辞世が

『限りあれば吹かねど花は散るものを こころ短き春の山風』

というのであった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20220813




<参考文献:海音寺潮五郎(武将列伝)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム