fc2ブログ

楠木正儀 その38

『兵が集まらなかった?』

一つは兵が集まらなかったのかも知れない。

形勢の変化によって、足利方に味方する兵が大幅に増減したことは、すでに述べましたが、この点

では南朝方の兵もそうであったのでしょう。

楠木正儀(1333-1388年)
ku.楠木正儀02

この時代の武士の行動が倫理的判断だけでされたと考えるのは人間というものの見方が甘すぎる。

ごく稀にはそういう人もいる。

例えば正成であるとか、正行であるとかいう人々がそれで、稀であればこそ百世の末まで珍重賞賛

されるべき価値がありますが、たいていの人間は利害によって動かされたのです。

この点に至っては、足利の武士はいうまでもなく、南朝方の武士だって、その本質においては大して

変わりはないのです。

わずかな軍勢をもって男山に孤立し、厳重に包囲されている南朝軍を救出に行くことは、冒険この上

もないことです。

正儀が兵を募っても応ずるものが殆んどいなかったと可能性は大いにあります。

正儀としては焦虜しつつも、どうすることも出来なかったと解釈しても良いと思われます。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20220930




<参考文献:海音寺潮五郎(武将列伝)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム