fc2ブログ

楠木正成 その48

『後醍醐朝廷』

宰相清忠の異議は太平記のみにありますが、これは事実だと思います。

前の戦いの勝利も武士らの武略によるものではなく、天皇の御稜威によりものだというところ、後醍醐

をとりまいている公家らの骨髄のからの信念です。

後醍醐天皇(1288-1339年)
go.後醍醐天皇

彼らはそういう迷妄を信じ切っていたのです。

宰相清忠の言葉も根本の出場所はここにあるのです。

これはまた後醍醐の迷走でもあったのです。

後醍醐朝廷はわざと関白をおかず、一切が後醍醐の独裁で行くことになっていた。

最期の決を下すのは後醍醐であられる筈です。

清忠の意見がそのまま通ったのは、それが後醍醐の意見と一致したからでしょう。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin6ヵ月です。
robin 20180606




<参考文献:海音寺潮五郎(武将列伝)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム