fc2ブログ

加藤清正 Ⅱ その337

『秀吉関東征伐からの帰還』

秀吉を送るとすぐ、清正は隈本に帰ったが、小田原の戦況についての注意は怠らなかった。

従軍した将士の中の懇意な者に頼んで、たえず通信してもらった。

小田原城(小田原城登城記は「こちら」です。)
od.小田原城 20100704 002

この時代の古文書として徳川家の重臣である榊原康政から清正に小田原攻めの情況を知らせたもの

が残っていて、書かれていることがらは「北条五代記の記述とよく符号しています。

榊原康政ならずとも、懇意な武将から、通信があって、戦況のことについては不自由なく知ってい

た。

小田原城が開城したのは7月半ば、秀吉はすぐ奥州に向い、会津城に入って、奥州の国割りをして、

8月12日に帰京の途についた。

清正は日を見計って隈本から大坂に上っていたので、秀吉が帰京の途についたという知らせを受取

ると、大坂を立って三河の岡崎まで、出迎えのために行っていたが、岡崎のその宿舎に、ある日農

村の名主ていの者が3人来て、面会を申し入れた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20231205




<参考文献:海音寺潮五郎「加藤清正」>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム