fc2ブログ

加藤清正 Ⅱ その403

『人形に甲冑』

「ありゃ造り物の人数よ。あの水鳥を見よ。少しも恐れず泳ぎ下って行くではないか。水練の達者

な者どもに申し付け、あの船どもを取って来させよ」

清正クン
ka.加藤清正くまモン

と言っていると、曾根孫六という者が進み出て

「拙者、いたします。拙者の生国は越中でござる。幼少の頃から砺波川で泳いで、水練は得意でご

ざる」

というや、具足を脱いで裸になり、短刀ひとふりをふんどしに差し、ザブンと飛び込んだ。

高言するだけあって、あざやかな泳法である。

これを見て、水心のある若者らはひたひたと飛び込んで泳ぎ渡り、繋いである船に這い上がり、立

ち並べた藁人形に甲冑を着せたのを投げ捨てて、漕ぎ戻ってきた。

それらの船で人数を渡し、その人々がまた船を持って来たので、清正勢も、鍋島勢も、相良勢も、

全部の人馬が無事に渡ることができた。

そこの岸に立ち並べてあるのも藁人形であり、旗はみな紙旗であった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20240211




<参考文献:海音寺潮五郎「加藤清正」>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム