fc2ブログ

加藤清正 Ⅱ その410

『王宮を温存』

清正らは、また相談して

「やがて、殿下は御渡海あって、ここにおいでになるであろうか、その御座所としては、この王宮

景福宮
ke.景福宮

以外はない。乱民のために焼きはらわれ、屏や礎石や敷瓦した床しか残っておらぬが、これだけで

も大事にしておく必要があろう。きびしく番兵を立てて乱さぬように護衛し、われらは城外に陣所

を移そう」

と決めて、それぞれ郊外に退去して陣所を構えた。

同時に、四方の大門に建札をした。

「われらは罪なき民をしいたげるものではない。速やかに帰って、それぞれに安居し、家業にいそ

しめよ」

と筆太に書した。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20240219




<参考文献:海音寺潮五郎「加藤清正」>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム