fc2ブログ

加藤清正 Ⅱ その412

『国王の使者』

兵士らが捕らえにかかった時、不意に屋内から飛び出して来たものがあった。

「待った! 待った! 待ったっしゃれ!」

鮮やかな日本語で叫んで、中に割って入った。

朝鮮代国王・宣祖
ch.朝鮮14代国王 宣祖

朝鮮人の服装をした男で、しかも、土民の服装ではない。

折り目は乱れているが、上流官人の服装である。

あっけにとられて、まじまじと見つめた。

年ごろ、35、6の色白で薄いひげを生やしているところは、たしかに朝鮮人である。

その男は両手を組んで、中富に言った。

「わたくし、朝廷の倭学通事の景応舜という者です。国王の命を受けて、小西殿の陣中に行くために、

ここまで来て、この家で休憩していたのでした。そんな詳しいことは、わたくしはこの村人どもに話

しませんので、あなた方がお出になったのを見て、見つかったら、官人をかくまっているとして罰さ

れはしないかと、恐れたのでしょう。この者どもには何の罪もありません。許してやってください」

「今、申された貴下の身分を証明するものがござるか」

と、中富は言った。

「あります。あります」

相手はふところから、一枚の書付を取り出して、中富に渡した。

朱肉の官印のすわった身分証明書であった。

確かに倭学通事景応舜という名が書いてある。

その朱印が本当のものであるかまでは中富にはわからないが、この際としては信ずるより他はなかっ

た。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20240221




<参考文献:海音寺潮五郎「加藤清正」>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム