fc2ブログ

加藤清正 Ⅱ その415

『景応舜の説明』

景応舜の言葉はさらに続く

「わたしは小西殿の仰せられることを承諾いたしました。小西殿は書面をしたためて、わたくしに

お渡しになりました。わたくしは京城に帰りましたが、もはや国王は京城にはおられず、京城は乱

小西行長(1558-1600年)
ko.小西行長 04

民のために混乱しきっています。わたくしはすぐ国王の後を慕って、さまざまな難儀の後、やっと

黄州で追いつきました。李徳馨殿に会って、小西殿のことばを伝え、書面を渡しました。李徳馨殿

は『ともかくも、陛下に申し上げてみる。もし、陛下が行けと仰せられるなら、わしは行こう。国

のためには、死はいとうところではない』とお失せられ、もはや夜陰ではありましたが、わたくしを

お連れになって、行在所に参られた。陛下は大官方とともに、わたくしをも御前に召して、委細の

ことをお聞き取りになった後、わたくしには遠慮を仰せつけられました。定めし、ご相談が行われた

のでございましょう。数時間の後、李徳馨殿が出てまいられ、わたくしに仰せられました。『わしと

今一人とが使者を仰せつけられて参ることになった。ついては、その方も供せよ』もちろん、わたく

しはお受けしました。わたくしは、そのお二人のお支度のお支度が出来るのを待っておりましと…」

と、ここまで語ると、にわかに景応舜の表情が変わった。

いかにも苦々しげな笑いが浮かんで、言葉をとぎらせた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20240224




<参考文献:海音寺潮五郎「加藤清正」>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム