FC2ブログ

Piglet、増上寺・お江の墓所へ

増上寺 「徳川将軍家墓所」

戦前、徳川将軍家霊廟は御霊屋(おたまや)とも呼ばれ、増上寺大殿の南北(左右)に建ち並んで

いたそうです。

墓所・本殿・拝殿を中心とした数多くの施設からなり、当時の最高の技術が駆使され厳粛かつ壮麗

な霊廟は、いずれも国宝に指定されていましたが、残念ながら昭和20年の空襲直撃で大半が焼失し、

残った建物もその指定を解除されています。


現在の霊廟正面の門は、旧国宝で「鋳抜門」といわれ、6代将軍・徳川家宣の宝塔門「中門」であった

ものが移築されています。

左右の扉は共に青銅製で5個ずつの葵紋を配し、両脇には昇り龍、下り龍が鋳抜かれ、その荘厳さ

は日光東照宮と並び評され往時の姿を今に伝える数少ない遺構です。

墓所には、2代・秀忠、6代・家宣、7代・家継、9代・家重、12代・家慶、14代・家茂の6人の将軍の

ほか、崇源院(お江)など将軍の正室、側室および将軍の子女多数が埋葬されています。


この徳川霊廟は一般公開されていませんが、港区観光協会のスタッフブログで、2011年4月2日~

4月7日「徳川霊廟特別公開」の記事を見つけ出かけましたが、なんと“地震のため中止”になって

いました。

残念!!

しかし現地にて、今年に限り「2011年4月15日~11月30日 徳川霊廟特別公開(拝観料:500円)」

を確認して来ましたので、再訪しようと思います。

増上寺 001

石碑が余りにも大きくpigletがアリさんみたいでしたから、pigletを再確認です。
増上寺 002

東京タワーがすぐ近いので、本堂と東京タワーのツーショットです。
増上寺 003

境内のしだれ桜も満開でした。
増上寺 004

本堂裏手の徳川家霊廟に到着です。
増上寺 008

先客が多いので、pigletは暫く待機しています。
残念ながら、今日は霊廟には入れませんので「お江」に会うことはできません。
増上寺 005

さあ、pigletの番が廻ってきました。
徳川家です。葵紋を配し、両脇には昇り龍、下り龍が鋳抜かれています。
増上寺 006

車は、隣のプリンスホテルに駐車しましたので、いつものとおりお昼を駐車場で済ませ
食後の休憩です。
日曜日でしたが、東京は本当に寒く寄り道せずの帰宅でした。
増上寺 009

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます

『戦国クイズ』
≪昨日の解答≫
昨日の正解: 増上寺
        長男・家光によって増上寺(東京都港区)に埋葬されています。

≪本日の問題≫


                                           <参考文献:現地案内板>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

pigletさん綺麗なしだれ桜の下で、お花見もしてきましたか。
寒い中お出かけしたのに、
お江さんに会えなかったのは残念でしたね。
もう一度pigletさんも一緒に会いに行くのかな?
どんな所か楽しみにしています。


あず さま

こんばんは、

本当に週末は寒かったですよね!
結構、外されることが多いです。→ܫ←

もちろん、一緒に行かないとブー、ブーいうのでしょうね。v-16
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム