平清盛 その2 『佐伯水軍』

平清盛 その2 『佐伯水軍』

「河野や村上が、この瀬戸内の海賊大将と誇っていた世も、今日で終わりだ。わしが平家の水軍を破れば、

瀬戸内はおろか紀州熊野の海賊まで、わが手の下に従うは必定ぞ」

佐伯五東次は、船櫓の上で胸を張り大きな声でいった。

飛神丸というこの佐伯海賊の船は、この瀬戸内で比べるものがないほど大きな船であった。倉橋島の南に

ある黒島、横島、鹿島の3つの島の間を縫って東へ、安芸灘のまん中をめがけて飛神丸は進んでいった。

この8百石積の飛神丸を守って、左右と後方から20艘の小舟が早艪で進んでくる。


大きな地図で見る

安芸灘を海賊大将佐伯五東次の船団へ向って、10艘ほどの船団で赤い平家の船印を立て進んでいた。

「播磨守に任ぜられている上、都では検非違使(けぴいし)まで勤めているそうだが、平忠盛め、勅命を受

けて我ら海賊大将を退治に来たのが運のきわまるところ、わしの手で捕らえ、竜神の餌食にしてくれるわ」

と船櫓の上で佐伯五東次は、面白そうに笑った。

数年前から佐伯水軍は、この瀬戸内海でさかんに暴れまわり、都からくる官軍の船を次々に破っていた。

pig 20120105 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解: 平家物語
        「祇園精舎の鐘の声……」の有名な書き出し、没落しはじめた平安貴族たちと新たに台頭
        した武士たちの織りなす人間模様を見事に描き出しているのは平家物語です。

≪本日の問題≫


                   <参考文献:武将列伝源平編(海音寺潮五郎著)、平清盛(村上元三著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

海賊vsパイレーツ

海賊なんて目じゃないだと!?
それなら、某ジョニーさんと、
麦わらゴム人間さんに加勢してもらえばいいんだ!
これで佐伯五東次さんも笑っていられまい!
ワハハハハ!
(超最低な提案)

※昨日のコメント
え!?支援ですと!?
はわわわ…再び大仕事の予感!
{{(・。・;)}}

クラチー さま

麦わらゴム人間さんに加勢して貰いたい!
と清盛どんが言ってきました。
はわわわわっわ~~

よくお気づきで!!☆
月ぐらいの岩石が飛んで行きますから、包丁を磨いて
待っててチョ。♪
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ