日本百名城11 二本松城

『戊辰戦争で二本松少年隊の悲話が残る』

二本松城は標高345mに畠山満泰が築いた山城で、別名「霞が城」、「霧ヶ城」と呼ばれています。

陸奥国に定着していた畠山氏は、戦国時代になると伊達政宗の攻撃を受ける。1585年10月、15代当主・

畠山義継は政宗の父・輝宗に降伏を申し出、輝宗のもとに出向いた義継は、輝宗を拉致して二本松城へ

連れ去ろうとしたが、これを聞きつけた政宗に輝宗もろとも射殺されています(粟之巣の変事)。

1627年に入った加藤氏により現在の近代城郭の姿に大改修され、1643年に丹羽光重が入封すると、三

の丸御殿、箕輪門をつくり城下町を整備しています。


1868年の戊辰戦争に際し、二本松藩は奥羽越列藩同盟に参加して新政府軍と戦い、手薄になった攻城

戦においては「二本松少年隊」と呼ばれる少年兵も動員されています。

戊辰戦争への出陣は12歳や13歳では不可能なのですが、二本松藩には危急の際には年齢を2歳加算す

ると言う入れ年(実年齢より高い年齢として出兵の許可を出す)の制度があり、最少年齢の隊士の年齢は

12歳となってしまったのです。

大壇口での戦いにおいて多くが戦死し、戊辰戦争における悲劇のひとつとして知られています。

平成24年1月7日の多賀城登城の帰りに、二度目の二本松城に登城しました。
前回の登城は本丸のみの登城でしたので、今回は箕輪門を中心に観てきました。(前回は、「こちら」です)
ni.二本松城 0002

昭和57年に再建された箕輪門
ni.二本松城 0003 ni.二本松城 0006

二本松少年隊顕彰碑
復元された箕輪門近くには「二本松少年隊群像」があります。
ni.二本松城 0005

pig 20120115 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解: 大根
        前田慶次郎は、上杉景勝に仕えた際、初目見えに泥の付いた3本の大根を持参し、「この
        大根のように見かけはむさ苦しいが、噛めば噛むほど滋味の出る拙者でござる」と言った
        という。

≪本日の問題≫

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~
ピグさん、相変わらずセーターが良くお似合いですね!
(山下公園でセーター姿のピグさんをお見かけしたのは良い思い出です^^)

多賀城に来られたんですね。
宮城県に居ながら多賀城って地名しか知りませんでした(恥)
ピグさんも登城したのですか?会いたかったなぁ^^

ビットうさぎ さま

お久しぶりです。^^

ありがとうございます。
山下公園は、もう一年過ぎたのですね。今年は、ぜひ「うさフェスター」に
おいでください。
ピグも2月で4歳になりますので、すっかり中年オッサンになりました。
ビットくんに負けないで健康でいて貰いたいものです。

ピグは外出すると、枯葉が食事になってしまいますので、この一年は外出なし
の一年でした。暖かくなったら、また旅ウサギを開始したいと思っています。

多賀城は青葉城に行った際に行く予定にしていましたが、知名度が低いため
飛ばしていましたので、今回、行ってきました。

時間がなかったため、仙台市内は高速道路の上から望みながら通過しただけ
でした。それでも「萩の月」だけは、多賀城のイオンでゲットして帰りました。♪

ビットくんが訪問履歴のなかに埋もれてしまいますので、リンクさせてくださいね。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ