戦国大名と対決した信徒衆 「一向一揆」 その1

『政治と民衆と宗教』

富山県高岡市にある真宗寺院勝興寺では、毎年の正月15日には御示談と呼ばれる行事が行われます。

これは寺に泊まり込んだ信者たちが、一晩中、僧侶を交えての真宗の教義について論議をするそうです。

真宗王国といわれる北陸では、今も庶民の中に熱っぽい法談が盛んに行なわれるという。

500年前、北陸の天地を震わせた「一向一揆」もこの土壌で生まれています。

加賀100万石の城下町、金沢。

この金沢市の起源が一向一揆に始まることを、ご存じでしたか。

尾山御坊の跡に建つ金沢城
尾山御坊は、空堀や柵などを備える城造りの寺院であった。
ka.金沢城1

戦国の世、100年間に渡って加賀を支配した本願寺門徒のメッカ、尾山御坊が現在の金沢城の前身なの

です。

金沢市は、その門前町として生まれています。

しかし、450余年前の北陸の民衆の歴史は、今や100万石の石垣の陰に影を潜めてしまっております。

一向一揆の特徴は、史跡らしいものが皆無に近いですが、なぜでしょう。


金沢の南部、高尾町の城山は、かつて一揆勢20万人が押し寄せて守護の富樫政親を自害せしめた古戦

場です。

以後、100年間「百姓の持ちたる国」と言わしめた加賀共和国の歴史は始まっています。しかも、それは

一人の英雄も登場しない、文字どおり民衆の歴史でした。

一向というのは“ひたすらに念仏だけで生きてゆく”だそうです。

その人々の起した一揆、つまり支配者に対して民衆が戦いを起すことを、室町時代から戦国にかけて「一

揆」と呼んでおり、一向一揆というのは一向宗の信者が支配者に対して起した戦いと言えます。

ここで一向宗というのは、歴史の中では本願寺派の門徒が起した支配者に対する戦い、具体的には室町

幕府の守護などに対して起した一揆を「一向一揆」と呼んでいます。


室町時代から戦国時代にかけて起こった一向一揆が、現在に生きる私たちにどういう意義があるかと考え

た場合、一向一揆というものは民衆が起した政治を目的とした一揆ということにあるのではないでしょうか。

政治と民衆と宗教という、歴史の知恵を現代の私たちに教示してくれています。


本ブログは宗教の記事ではなく、戦国武将と対決した一向一揆について記したものです。従いまして、

宗教等についてのコメントなどの対応はできませんので、あらかじめご了承願います。

sakura 20120116 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解:服部栄養専門学校
        政宗は、料理について「馳走とは旬の品をさり気なく出し、主人自ら調理して、もてなす
        事である」と言う名言を残しています。
        この名言を崇める料理人も和洋中を問わず多く、服部栄養専門学校をはじめ伊達家御用蔵
        が開校した宮城調理製菓専門学校では、この政宗の言葉が校訓になっているそうです。

≪本日の問題≫


                                    <参考文献:日本史探訪(角川書店編)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ