戦国大名と対決した信徒衆 「一向一揆」 その8

『一向一揆の終末』

越中五箇山には、血染めの名号と称するものが幾つか伝わります。

これは一向一揆の末期、石山本願寺の応援に決死の覚悟ではるばる出陣した門徒たちが、指を切り、

血判を押していったものであるという。

しかし1580年、石山本願寺は信長の前に屈服し、ほとんど同時に、北陸のメッカ金沢御坊も陥落した。

これが100年に渡った一向一揆の終末であった。

五箇山相倉集落
五箇山訪問記は、「こちら」です。
go.五箇山相倉集落

一向一揆というものは振り返ってみた時、これは庶民にとって栄光を刻んだものではなく、庶民は踏み台

にされたのではないか、やはり庶民というものは悲しい存在であったような気がします。

結局残ったものは何か。

現在、私たちが目にしている東西本願寺の、豪壮な教団としての姿。

近世大名たちはやがて天下を統一し、徳川政権に移行して、武士の政権を打ち立てた。

教団も武将集団も共に確固たる実益を手にして、それぞれの栄光を自分の歴史の中に加えたにも拘わら

ず、一向一揆の痕跡の方は、現在は殆ど残っていない。

起爆剤となった庶民の底辺のエネルギーは、いつとはなしに教団や偽政者、権力者の力の中に吸収され

て、庶民はまたもとの無力な存在に還ってしまった。

一向一揆は、越中五箇山の人々に何を残したのでしょうか。

一向一揆の戦いで少なからぬ犠牲者を出した五箇山の村々では、その後も信仰の灯は消えることはなか

った。

500年前、この山深い村人たちの魂を揺さぶったもの、それが一度は巨大な津波のようになって、北陸の

大地を覆いつくした、これが一向一揆であったのでしょう。


本ブログは宗教の記事ではなく、戦国武将と対決した一向一揆について記したものです。
従いまして、宗教等についてのコメントなどの対応はできませんので、あらかじめご了承願います。

sa-ko 20120126 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。


『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
一昨日の正解: 豪姫
          前田利家は秀吉が足軽時代から夫婦共に親しく、1574年には子供のなかった秀吉夫婦
          に四女の豪姫を授ける程の関係でした。
          この豪姫は、15歳で秀吉の猶子であった岡山城主・宇喜多秀家の妻として嫁いでいます。

≪本日の問題≫


                                    <参考文献:日本史探訪(角川書店編)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

いっき、いっき!

「いっき」はダメですね。
急性アルコール中毒になっちゃうから。
…ぬ!?それじゃない?
(・。・)←

一向一揆はモノとしては残らなかったけど、
「意味のないこと」ではなかったんじゃないですかね?
世の中にはきっと、
名称もつけてもらえない争いや運動がたくさんあったと思うので、
名前が残っているだけでも特別…かなぁ、と。

クラチー さま

後期の試験が始まってますから、「いっき、コンパ」はダメですよ!
あっ、やっていない。・∀・

少々、禁断の果実だったような気もしましたが、記事にしてみました。
難題な面もありますので、今回も、別室を呼んでみようかと思いましたが
、試験中だったので自粛しました。(^-^)

> 名称もつけてもらえない争いや運動がたくさんあったと思うので、
> 名前が残っているだけでも特別…かなぁ、と。

そうだよね~。
橋本さんも「百姓の持ちたる国」とか使っているので、名前が残った
だけでも歴史に残ったということですね。

試験が終わったら長い春休みですから、“いっき超え”してくださいね。☆
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ