平清盛 その10  『すが眼の子』

『すが眼の子』

藤原家も懸命に自分たちの一族の栄華を保とうとし、藤原頼長が内大臣となった。

藤原一族の中でも一番実力を持っているのは通憲だが、他の公卿と同様、武士たちをあなどり武士に実力

を持たせてはいけない、という信念を守り続けている。

通憲が清盛を警戒するようになったのは、その翌年1137年のことであった。

もともと、公卿の藤原家は、南家、北家、そして式家、京家と4つに分かれている。

その4家の中で、一番勢力を持っていたのは北家だが、それは道長という優れた政治力を持った人物が出

たからであった。この道長は62歳で没する。

その後も藤原氏の全盛時代が続き、今は南家藤原氏の通憲が一族の実権を握っている。通憲は博学多才

で政治力も優れていた。ことし30を少し出たばかりでだが、その妻が四の宮の乳母であり、朝廷の中でも勢

力を持っている。

平 清盛(松山ケンイチさん:スクリーンショット)
ta.平清盛(スクリーンカット)

この通憲には、平忠盛も機嫌を損わないように気を遣い、平家一門の力を伸ばすには通憲の後ろ盾が必要

と考えている程であった。

その藤原通憲と19歳の清盛が争いを起こしたのは1137年の秋で、洛北蓮台野へ狩りに行ったときであっ

た。

この同じ蓮台野に通憲も狩りに来ていた。

清盛は、藪の中に大きな狐を見つけ、真っ直ぐにその狐を追って馬を走らせた。清盛が追っている狐をやは

り通憲が追っていることに気づいてはいなかった。

ちょうど雑木林を出たところで、清盛の眼の前を茶色の影が素早く走っていった。

清盛は機を逃がさずに矢を放った。同時に、雑木林の向こうから華やかな狩姿の公卿が狐を追って馬を走

らせてきた。

清盛の矢は的確に狐を射た。

その狐は首筋に矢を受けたまま、薄野原から高く飛び上がった。出会いがしらなので、通憲の馬は竿立ち

になり前足を大きく宙に浮かせた。

そのはずみで、通憲は馬の鞍から投げだされ、したたか身体を打って直ぐに起れなかった。

急いで藤原家の家来たちは、通憲を抱き起こし馬に乗せようとした。

「待て、わしの妨げをしたのは何者だ」

家来たちに抱かれながら通憲は、清盛を睨みつけた。

むっとして、清盛は答えた。

「お妨げしたのではござらぬ。それがしが、あの狐を射止めました。矢をお調べくだされば、おわかりになる

でしょう」

通憲は、笑いを含んだ声で言った。

「さては、伊勢平氏の“すが眼どの”が子か」

父の忠盛を、こうはっきりと“すが眼”と家来たちの前でからかわれ、清盛は怒りで我を忘れ思わず太刀に

手をかけたが、家来たちが押さえた。

やっと、清盛も怒りを抑え

「さよう、忠盛が子にござる。失礼を仕りました」

「それが分かればよい。公卿に向かって武士がたてつけば、おのれの不為と心得よ」

そう言って、通憲は馬を進め始めた。

暫くそれを見送っていた清盛は、ギリギリと歯をかみしめ悔しさを押さえている声で

「公卿の天下がいつまでも続くと思うているのか。庶民の苦しみを知らず、風流にその日を送っているうち

に、それがおのれたちの墓穴を掘ることになる。とやがて気がつくであろう」


昨日は、さくらの公園レビューでした。
piglet父ちゃんが、たくましく見えます。
pigsakura 20120128 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
一昨日の正解: 松平広忠
          徳川家康の父親は、三河国額田郡岡崎城主で松平宗家8代当主の松平広忠です。

≪本日の問題≫


                  <参考文献:平清盛(村上元三著)、平清盛をめぐる101の謎(川口素生)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

相互リンクお願いします

piglet01さん、こんにちは。

「今日も三国志日和 - 史実と創作からみる三国志の世界 -」という
三国志関連のブログを運営している「かぶらがわ」と申します。

ジャンル違いかもしれませんが、
もし差し支えなければ相互リンクをお願いしたいです。
ご検討、よろしくお願いします。

なお、当方のブログタイトルが長すぎる場合は、
「今日も三国志日和」とだけしてくださっても結構です。

かぶらがわ さま

こんにちは、

リンクありがとうございます。
吉川さんの「三国志」にチャレンジしましたが、難しくて
挫折してしまっています。

よろしくお願いします。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ