立花一族 その2 「勇将の下に弱卒なし」

『勇将の下に弱卒なし』

道雪は不具の身になったが、気力は少しも衰えず戦場には輿に乗って出て、向うところ敵がなかったと

いう。

道雪は戦場に臨む時には、高田(豊後の地名)ものの2尺7寸の刀(雷切りと思われる)種子島銃を輿に

のせ、3尺ばかりの棒に腕ぬきをつけたのを手にして乗り、長い刀を携えた血気の若者100人余りを左右

に引き連れ、戦が始まると若者らに輿を担がせ、棒を持って輿の縁をたたき立て、奇声をあげた。

「エイ、トウ! 進め! 進め! この輿、敵の中に担ぎ込めい! エイ、トウ! エイ、トウ!」

壮士らは輿を担ぎ、わき目もふらず敵に突進する。左右の壮士らは刀を抜きつれて、斬って、斬って、斬り

まくる。道雪は、たえず壮士らに注意して、走ること遅いと見ると、輿の前後を叩いては、

「遅いぞ! 遅いぞ! 恐れたか!」

と叱咤した。

壮氏らは、それを恥じて、一層勇気を励まして奮戦した。

これが始まると、先陣の兵らも、

「すわや、例の音頭ぞ!」

と、これまた競って突進し、味方が崩れかかると、道雪は大声で、

「おれを敵のなかにかき入れて捨てよ! 命おしくば、それから逃げよ!」

と絶叫したので、皆、励まされ、盛り返して勝利を得なかったことはないという。

立花山(立花城)
ta.立花山(城)

道雪は士を愛して、いつもこう言っていたという。

「武士である限り、弱いものはいない。もし弱いと言われている者があるならば、それはその者が悪いの

ではなくて、大将の養い立てようが悪いのだ。わしの家中では士分の者は言うまでもなく、雑兵・下郎に

いたるまで数度の高名を立てていない者はない。もし他家で不評の者がいたら、わしが家に来て仕える

がよい。必ず逸物にしてやる。」

その武士の養い立てようはこうであったという。

その1 武功を立てたことのない者に対しては、

「武士には運不運がある。そなたはまだ運が向いてこないのだ。そなたの悪くないことは、わしがチャント

見定めている。必ずあせって、人にそそのかされたりなどして抜け駆けし、討死するようなことがあって

はならんぞ。それはわしに対して不忠である。必ず身を大事にして、わしを助けてくれよ。そなたなら

を連れていればこそ、わしはこう老いぼれていながらも、敵の真っ只中にいても心丈夫にしていられるの

だ」

とねんごろに慰め、酒を飲ませ、はやりの武具など出して与えるので、これに励まされ次の合戦には人

におくれじと働いたという。

その2 少しでも武者ぶりの良く見える働きがあると、戦いの後に呼び出して、

「この間の場での働き、皆も見たであろう。わしがメガネに狂いはなかったのだ。あっぱれであったぞ。

いつもあの通りに働けばよいのだ」

と賞詞して、次の者を呼んで、

「そなたにも頼みおく。よく引き回し、いよいよ剛の者にしてくれるよう」

と頼んでやったという。

その3 来客など饗応の席で、若い家臣らが失策などすると、客の前に呼び出し笑いながら、

「道雪が家中の者は、座敷奉公はふつつかでござるが、戦場の働きは火花を散らすばかりに見事でござ

る。この者の槍の入れよう、お目にかけたくござる。何々の戦においては、かようにして槍を入れました。

どこどこでは、しかじかに」

と槍を入れる様をしてとりなしたので、その者は涙を流し、この人のためにはいつでも命を捨てようと感激

したという。

pig 20120131 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解: 福岡県
         立花城は、現在の福岡県新宮町、久山町、福岡市東区にまたがる標高367mの立花山山頂に
         あった城郭です。
         1330年に豊後国守護の大友貞宗次男大友貞載が築き、この地に拠ったことにより立花氏を
         称するようなっています。港町博多を見下ろす非常に重要な拠点であり、戦国時代には
         大内氏や毛利氏と大友氏の激闘地になっています。

≪本日の問題≫


                                   <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎暑)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

piglet01さん、こんばんは♪

前記事から続けてのコメント、失礼しますv-421e-330

たった今、立花山の記事を書き終えて伺いましたv-410
あ~、お天気が良くて写真の立花山、すごくキレイe-349
道雪さんの厳しさと懐の深さがありありと伝わってくる記事を
ありがとうございますv-398 感激して涙がでそうです、本当にe-263

高田は、豊後高田のことかなe-3それともやっぱり
大分市内 大野川沿いの高田地区のことかしらv-398e-3
なんだか胸が一杯ですe-415 この感激ぶりはもしかして
道雪さん、今ウチへ遊びに来てるのかなv-411、なんてi-278

まーりたん さま

> たった今、立花山の記事を書き終えて伺いましたv-410
楽しみにしています。♪

本当に道雪さんは、厳しさと懐の深さがあったようですね。
明日の記事では、厳しさが出る予定です。

もちろん、高田は豊後高田で刀鍛冶が多くいたそうです。
多分、官兵衛さん以外は総出演になると思いますので、情報不足の
場合は、フォローお願いしますね。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ