前田利家 その3 「信長の寵童に」

『前田利家、信長の寵童に』

信長は犬千代を「秘蔵」し、犬千代もまた「ひとときも御離れなくご奉公」したという。

つまり、犬千代は信長の寵童になったらしい。

喝食とも呼ばれる戦国時代の男色関係は、現代のホモ風俗とは異質のものだったようです。

当時は、女は道具とする思想が支配的であり、跡継ぎをその腹に身ごもらせ、子孫を維持させる産み道具。

英気を養うための一時的快楽の器。政略結婚のための人質道具。

そのように軽視されている女に、日夜べったりして、恋々たる武士はさげすまれたのです。

戦陣ばかりでなく、平時でも武士の周辺は男世界であり、小姓衆が主君の日常的雑用のすべて世話をして

いた。

前田利家(1537-1599年)
ma.前田利家 003

明日の命が知れない殺伐たる男の世界です。

男同士の愛情は、武士道追求やお互いに命を預かりあう戦友感情からも発生する。やがて「男色は武門の

花」と賛美されるようになり、女色はますます軟弱退嬰という風潮になっています。

主君と小姓衆の関係には、師弟という関係も含まれていた。

戦国武将の寵童は、寺院や公家の稚児のように、ただ美少年というだけでは、その資格がない。美貌にし

て剛勇、さらに才知を併せ持つ少年でなければならない。

主君の身の回りの世話が第一の任務であるが、相当の教養をもって日常の話相手が出来なければならず、

時には兵法武芸の相手を務めなければならない。

また、激戦場や不測の非常事態には、最後のボディーガイドでもあった。

小姓たちは、主君に昼夜の別なく接して、その知勇を吸収しようと努力し、主君は理想や思想を含めて、

自己の所有する全てを選ばれた愛すべき少年たちに伝授しようと、熱意を持って導く。

かくして男色は武門の花とされ、戦乱の時世の城中や陣所において、初々しい少年武士が絶えず主君の

側近に在って、甲斐甲斐しく身辺の世話をしながら、昼は軍談や政略に熱心に耳を傾け、夜はその身を主

君に任せるという、ある種さわやかな憶測もできるのかも知れません。


昨日は、ご心配と暖かいメッセージを戴き、ありがとうございました。

さくらは、お蔭様で元気を取り戻すことができました。

sakura 20120321 001 sakura 20120321 002

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解: 寵童
         前田利家は、信長とは寵童の関係にあったことが加賀藩の資料『亜相公御夜話』に、
         「信長に若い頃は愛人であったことを武功の宴会で披露され皆に羨ましがられた時の
         逸話」として残されているそうです。

≪本日の問題≫


                                    <参考文献:前田利家(井口朝生暑>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

命のやり取りが当然の戦国時代。
戦に役に立たない=厄介者扱い。
女子が体を鍛えなかったのが不思議に感じますよ。
巴御前なんて異質だったのかしら。
時代劇だって「そこの女」ですもの。
名前があるのに。
衆道の意味も違っていたのでしょうね。
森蘭丸は最後にいい仕事をしましたねぇ。

さくらちゃん、元気になってよかったですね。
さくらちゃんは何という種類のうさちゃんなのですか?

ぴゆう さま

こんばんは、

よくご存知ですね。☆
言葉こそ無かったでしょうけど、内助の功というのが
あったのでしょうね。
当時もガラシャ、一豊さんの千代さんとかいますから、、
ただ、伝承のみで記録がないことは間違いなく男社会
だったのでしょうね。

ありがとうございます。
さくらは、ポーランドロップという種類のうさぎです。
他にも、ネザーランド・ドアーフのpiglet、sa-ko嬢、
その娘の“うめ”の4羽がいます。

No title

おはようございます。
さくらちゃん何事もなくよかったですね。
お大事にしてください。

たっつん さま

こんにちは、

ありがとうございます。
お蔭様で大したことなくて良かったです。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ