前田利家 その5 「利家の十阿弥成敗」

『利家の十阿弥成敗』

織田信長の同朋に十阿弥というものがいた。

同朋は江戸時代になると、お城坊主といわれるようになったもので、殿中の給仕など雑用を役目とする

極めて身分の低い者であった。

1559年のことです。

笄(こうがい)
ko.笄(こうがい)

この十阿弥が前田利家の刀の笄(こうがい)を盗んだ。小柄とともに脇差の鞘に挿してあって、耳を掻い

たり、髪の地肌を掻いたりするのに使用する道具です。

おそらく金・銀などが張ってある立派な物であったので、身分賤しい者がつい心をそそられたのでしょう。

利家は怒ってこれを斬った。

一説では、盗みが発覚すると、十阿弥はひたすら謝ったが、陰では

「人に物を盗まれるような男が、かぶき者などと片腹痛い」

と悪口をたたいた。

利家が、また怒るとペコペコと頭を下げておきながら、やはり陰では

「嫁御に鼻の下を長くしているかぶき者」

と悪口した。

利家は堪忍しかねて、城内の櫓下の道でついに十阿弥を成敗したという。

利家は自分が実直な人間なだけに、この悪口に立腹して信長が二の丸櫓に出ている時、その下の道

で十阿弥を成敗したのです。

とにかく見ているところで、利家が同朋十阿弥を斬ったのですから、今度は信長が激怒して

「おのれ拗ね者めが、主君に面当てする気か、許せぬ!手討ちにしてくれる」

と叫ぶと、太刀を掴んで立ち上がり、櫓を駆け下りようとした。側に侍していた柴田勝家と森三左衛門

とが信長の前に立ちふさがって、利家のために様々に詫び言をした。

それで信長は成敗を思い止まったものの、長の暇をくれたので利家は牢人しなければならなくなった。

この時、利家は22歳であった。


piglet一家に十姉妹の「藤原氏」が仲間入りしました。
通称“まろ”です。
右の写真をご覧ください。立派な「殿上眉」があります。
時々登場させて貰いますので、よろしくです!
jy.20120325 001 jy.20120325 002

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解: 太政大臣に任命された
         清盛の実父は白河法皇であるとの説は、清盛が院近臣家の出身にもかかわらず、後に
         皇族か摂関、清華家でなければ任命されない太政大臣に任命されたことから、当時の
         朝廷が非公式にではあるがこの話を事実としていたともいわれます。

≪本日の問題≫


                                     <参考文献:前田利家(井口朝生暑>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かセキセイインコもいましたよね
今度はまろ君、いや失礼まろ殿が仲間に
賑やかになりますね。
名前がお似合いの綺麗な鳥さんで
決め手は殿上眉でしょうか?
よろしくね まろ殿

No title

まろ様のご尊顔。
ありがたく、拝見仕りました。

利家も若い頃は過激だったのね。
イメージは恰幅のいい、世慣れた爺様だったけど
いい意味で裏切られて楽しい。

あず さま

はい、動物王国になろうとしています。♪

“まろ”は、前から気になっていた鳥でしたが、
ついに、殿上眉に負けていまい連れて帰りました。

ここだけの話ですが、動物禁止のマンションです。><

ぴゆう さま

ありがとうございます。
神々しいお顔立ちです。^^

利家さんは、若いときはカブキ者でしたから、相当にやんちゃ坊主
だったようですね。

> イメージは恰幅のいい、世慣れた爺様だったけど
> いい意味で裏切られて楽しい。

そう、そう、
あの爺様からは、想像しがたいものがありますね!
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ