戦国武将が眠る 「京都・大徳寺」

「臨済宗大本山 大徳寺」

二条城登場後、北区にある大徳寺にやってきました。


一休さんや千利休、戦国時代の諸大名にゆかりがある大徳寺。

広い境内には塔頭(たっちゅう=大寺院の敷地内にある小寺院)がいくつもあって、その多くに石庭があり

ます。

大徳寺の石庭のほとんどが石や砂利で大自然を表現する枯山水庭園で洗練された美を見ることができます。


◇ 三門(金毛閣)

二層の山門。連歌師・宗長の寄進で1529年にまず下層のみが竣工し、1589年、千利休が上層を完成させ

て「金毛閣」と名づけられた。

利休は上層に自身の木像を安置したが(門をくぐる者は利休の下を通ることになる)、これが豊臣秀吉の怒り

を買い、利休に切腹を命じたとする説があります。

三門


◇ 唐門 (国宝)

近世初頭の四脚門。

切妻造、檜皮葺、前後軒唐破風付で、本願寺、豊国神社の唐門とともに「桃山の三唐門」と呼ばれています。

唐門は聚楽第から大慈院に移築されたと伝わりますが、1886年に明智門を南禅寺金地院に売却したことに

伴い大徳寺方丈前に移築されたそうです。

唐門



多くの塔頭を訪ねて見ましたが、戦国武将に関わりの大きいお寺について記してみます。

◇ 大友宗麟の『瑞峯院』(拝観可能)

1535年九州の戦国大名、大友宗麟が建立した大徳寺の塔頭です。

宗麟は徹岫宗九を開祖に迎え自分の菩提寺として建立、自らの法名を以て瑞峯院と名付けられました。

なお、宗麟は後にキリスト教の洗礼を受けたキリシタン大名としても知られ、瑞峯院には7個の石で構成

された十字架の庭があります。

大友宗麟がキリシタン大名として知られている事から、中庭にあるキリシタン灯籠を中心に、7個の石組

からなり、縦に4個、横に3個の石の流れが十字架に組まれ、万民の霊を弔っているそうです。(下右)

瑞峯院 001 瑞峯院 002

瑞峯院 003 瑞峯院 004


◇ 細川忠興の『高桐院』(拝観可能)

戦国大名で有名な細川忠興(三斎)が、父や弟を開祖として建立した寺院で、細川氏の菩提寺でもあります。

忠興は茶人としても有名で、千利休の七哲の一人とされ、高桐院には千利休ゆかりの品も多くあります。

書院は利休の邸宅を移築したもので、書院に続く茶室「松向軒」は秀吉が北野神社で開いた大茶会(1587

年)で使われた茶室と伝えられます。

境内には細川忠興や夫人の細川ガラシャの墓もあります。書院の庭は楓を巧みに配し、紅葉の頃は特に美

しさが際立つそうです。

この寺は、秋に再訪したいお寺です。

高桐院 001 高桐院 002


◇ 織田信長の『総見院』(特別公開あり)

本能寺の変で没した織田信長の菩提を弔うため、1582年、豊臣秀吉が主君信長の冥福を祈るために古渓

宗陳和尚を開祖として創建した寺です。

信長の葬儀は、ここで一週間に渡り盛大に行なわれています。墓地には、信長以下一族の墓が建ち並んで

いるそうです。

また、本堂の内陣正面中央に木像織田信長座像が安置されているそうです。

本堂横には加藤清正が朝鮮から持ち帰った石で造られた、掘り抜き井戸があり、井戸水は現在も使われて

いるそうです。

春の特別公開期間でしたが、ここは土曜・日曜しか公開されていません。

総見院 001 総見院 002

総見院 003


◇ 石田三成の『三玄院』(非公開)

1598年、春屋和尚を開祖として石田三成、浅野幸長、森忠政が建立した寺です。

境内には、三成、忠政のほか古田織部や薮内剣仲らの墓がありますが、「拝観謝絶」の札を掲げてあるの

で、院内を見ることはできません。


情報誌「京都」第12号(1994.5.7発行:2006年11月に廃刊)のなかで、三玄院住職・長谷川大眞氏は以

下のとおり語っています。

「お寺を建てることが、権力者のステイタスだった時代がありました。三玄院も石田三成ら時の武将らが、春

屋和尚を開祖として建てたお寺です。

(中略)

当寺は、観光寺院ではないんです。檀家さんが多くて忙しいこともあり、観光客の参拝に対応できません。

「拝観謝絶」の札を門に掲げているのは、大徳寺の中のお寺なら、どこのお寺に入ってもいいと思われてい

る観光客が多いから。檀家を大事にするか、観光客に来てもらうか、寺を維持する手立てによって、自ずと

寺の性格が出てきます。

(中略)

三玄院が開かれて400年近く。私は、一時期の三玄院を守っているにすぎません。寺の名を世に出そうとか、

政治的な行動をとろうとか考えてはいない。ただし一般的に見て、歴史を伝えているのは寺社仏閣だし、京都

の観光の中心はお寺なんだから、社寺の発言に対して、行政が耳を傾けてもいいのやないかと思います。」


理解できる下り、理解できない下りがありますが、人気のある三成クンの墓があるので、ダメと言われたら

余計に見たくなりますね。

三玄院 002


◇ 前田家の『芳春院』(特別公開あり)

加賀の前田利家の夫人・芳春院が建立した塔頭で、前田家の菩提寺です。

芳春院

sakura 20120410 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解: 加藤清正
         1611年3月28日、豊臣秀頼が徳川家康の二条城へと出向き、二条城会見が行われ、この時、
         動向した加藤清正は、この後、領国・熊本に帰る途中に命を落しています。

≪本日の問題≫


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へ~☆
秋を楽しみに待っています!ヽ(≧∀≦)ノ

それと…↓のコメの件・・・(笑)
ハムスター、たくあん・・・?(◎∀◎)
凄くないですか?(笑)
私も以前ハムスターが子供うんじゃって20匹くらい飼ってたことがあるのですが…
たくあんを食べさせようという発想に至りませんでした・・・(笑)

たゆさり さま

京都の秋がいいですよね~
でも、ホテルを取るのも大変なようですけど…。

ハムが20匹、凄いですね!
と言いながら、我が家にも16匹いました。^^

パパが「小太郎」という名前でしたが、お菓子のカールと
たくあんが大好物でした。♪
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ