浅井長政を供養した『養源院』

浅井長政を供養した『養源院』

1594年に豊臣秀吉の側室・淀殿が父・浅井長政の供養のために秀吉に願って成伯法印(長政の従弟で

比叡山の僧)を開山として創建。養源院の寺名は浅井長政の院号から採られています。

その後、1619年に火災により焼失しています。

1621年、淀殿の妹である徳川秀忠の正室・崇源院(江)の願により再興された。以後、徳川氏の菩提所

となっています。

養源院は、京都市東山区の東向かいにあります。
[登院日:2012.4.8]
yo.養源院 001

振り返ると「三十三間堂」です。
sa.三十三間堂 001

本堂
本堂は、1619年に破却された秀吉の伏見城の殿舎を移築したものとされます。
yo.養源院 002

血天井
左右と正面の廊下の天井は血天井として知られます。

関ヶ原の戦いの前哨戦ともいわれる伏見城の戦いで、鳥居元忠以下1000人余りが城を死守し,最後に自刃

した廊下の板の間を供養のために天井としたもので、武将達の遺体は残暑の残る8月から9月中旬まで放置

されていたと言われ、そのため今も生々しい血の痕があちこちに残っています。

同じ血天井は宝泉院・正伝寺・源光庵にもあるが、生々しさでは養源院が一番といわれています。

崇源院の秀吉への憎しみを表しているといわれますが、これって勝手な話ですね。


襖絵と杉戸絵
俵屋宗達作の重要文化財があり、これも伏見城で自刃した将兵の霊を供養するために描かれたものと伝え

られており、杉戸の象や唐獅子や麒麟などを図案化した構図は、表現の奇抜さでも知られています。

宗達さんは、像も獅子も見たことない時代ですから、話を聞いたり想像したりで描いたのでしょう。

(撮影はできませんので、頂いたハガキの絵です。)
yo.養源院像 yo.養源院獅子

以上のように、浅井長政の供養のために創建されたお寺ですが、30分ほどの住職の説明のなかでも、長政

さんの名前は出てきませんでした。

淀殿もお江さんも悲しんでいないでしょうか。

sakura 20120421 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解: 家老に槍で貫かせた
         関ヶ原の戦いが勃発する直前、夫が徳川方につき上杉討伐のため不在となった隙に、
         細川屋敷にいたガラシャを、西軍の石田三成は人質に取ろうとしたが、ガラシャは
         それを拒絶し家老に槍で部屋の外から胸を貫かせて死んでいます。
         キリスト教では自殺は大罪であり、天国へは行けないという教えがあるためです。
         享年38歳

≪本日の問題≫

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・歴史的遺物
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ