前田利家 その21 『石動山の焼き討ち』

『加賀百万石の礎を築いた前田利家』

「石動山の焼き討ち」

信長の変死が電光のように全国へ伝わると、好機到来とばかりに能登では守護畠山氏の旧臣で古い豪族

の諸氏の残党どもが、上杉氏の援兵や石動山の僧兵などが反前田利家のもとに結集すると、越中と能登の

国境にあって戦略的要地に4千人が立て籠もった。

石動山・大宮坊(中能登役場HPよりお借りしています)
is.石動山・大宮坊

この時、利家は45歳で当時としてはすでに老境であったが、自ら陣頭に立ち“槍の又左”の異名にふさわし

く槍をふるって力戦奮闘したという。

この時、利家は伊賀の忍者を使って3百余りの寺々を焼き払った。この時の煙火を応援に向う途中に遠くか

ら見た上杉軍は、応援を止めてひき返してしまったという。

それほど利家の攻撃が迅速果敢だったのでしょう。

僧兵は大敗し、3千余が越中方面へ落送。利家は討ち取った首千余級を石動の山門に並べたという。利家

の石動山焼き討ちは信長の比叡山焼き討ちを再現したのです。

この一戦は、信長亡き後、利家が自力で領国能登を支配できるかどうか、危機一髪の瀬戸際に立たされた

もので、このような峻厳な威嚇策をとらざるを得なかったのでしょう。

「槍の又左」の猛勇のほどを如何に奮発したか伺えるところです。


4月30日、久しぶりに横浜大桟橋に行ってきました。
DSC_01110001.jpg
yo.20120430 横浜大桟橋

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解: 尿毒症
         秀吉の死因は様々な説が唱えられ、脳梅毒、痢病などがあります。
         また、50代後半頃からは、老衰のためか無意識のうちに失禁した事もあったと記録され、
         尿毒症説もあり、他に脚気説などもあります。

≪本日の問題≫


                                      <参考文献:前田利家(井口朝生暑)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ