前田利家 その22 『賤ヶ岳の戦い』

『加賀百万石の礎を築いた前田利家』

「賤ヶ岳の戦い」

信長没後の会議が清洲城で行われ、会議は明智光秀を討った羽柴秀吉ペースで進められ、信長の遺領分配

についても秀吉に有利であった。

この後、織田の宿将老臣たちは、羽柴秀吉を中心とする派閥と柴田勝家を中心とする派閥に大別され、激しく

対立暗躍を繰り返すことになります。

清洲城
清洲城登城記は、「こちら」です。
ki.清洲城 001

1583年4月20日、羽柴秀吉と柴田勝家の賤ヶ岳合戦が開始され、前田利家は柴田軍に参加して出陣してい

る。

かつて信長の同朋衆十阿弥を成敗したとき、信長は怒って手討ちにするところを、柴田勝家が詫びを入れ、

おかげで一命を助けられたという恩義がある。

また、羽柴秀吉との家族ぐるみの交際は若い頃から友誼以上のものがある。

随分苦しい立場であったが、ここ数年は柴田勝家の与力大名となって、その下で働いていること、領国能登

が北陸にあったこともあり、柴田勝家の誘いを断れなく成り行きに任せるより仕方なかったのでしょう。


「川角太閤記」(江戸時代初期に書かれた豊臣秀吉に関する逸話集)では、以下のように伝わります。

合戦が始まる前夜、秀吉が土地の者を案内にして使者に手書を持たせ、利家の陣中に使わした。

その手書は、

「明日の合戦に、裏切って戴きたいのであるが、貴殿の性格ではそれはできまい。さらば明日は中立を守っ

て戴きたい。それだけでこちらは誠のありがたい。」

という意味のものであった。

「裏切りは御免あれ。おさしずの如く双方へかまいますまい。」

と、利家は返事したという。


この合戦では「槍の又左」程の猛将が殆ど働いていません。

この賤ヶ岳合戦では、佐久間盛政が柴田勝家から受けた命令を無視して、柴田勝家が大敗をしていますが、

もし「槍の又左」が佐久間盛政と全面的に協力して力戦奮闘していれば、羽柴軍はかなりの打撃を受けたの

でしょう。

利家が傍観に終始したことが、羽柴秀吉にとって賤ヶ岳合戦における勝因のひとつになった。

pig 20120502 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
昨日の正解: 柴田勝家方に参陣した
         柴田勝家の与力大名となって、その下で働いていること、領国能登が北陸にあったこと
         もあり、柴田勝家の誘いを断れなく成り行きに任せるより仕方なかったのでしょう。

≪本日の問題≫


                                      <参考文献:前田利家(井口朝生暑)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

利家か~

はじめまして~宜しくお願いいたしますw
利家ですかw有名な戦国大名ですよねww
でも、自分の中では嫁の松の方がインパクト強すぎるかもw

果報は寝て待て?

傍観に終始したことが勝因…ですか。
「ただ単に攻め込めばいいってもんじゃない」と思ってましたが、
時と場合によるんですねぇ。
やはり、先手を取る方がいいのかなぁ。
(=w=)

GIAGA さま

コメントありがとうございます。

利家さんは、北陸の星ですよね!
確かに“まつさん”は、利発な人だったようですね。

八丈島に配流となった宇喜多家を支援し続けたのは、120万石の余裕でしょうか。

クラチー さま

お久しぶりです!
準備は順調に進んでいますか。

確かにこの場合は、そうですよね!
利家さんは、秀吉さん、勝家さんとも戦うことは出来なかったのかも知れませんね。

特に、妻の“まつさん”のことを考えると、秀吉さんとは・・・。

> やはり、先手を取る方がいいのかなぁ。

これは、絶対かも知れませんので「孫子」に聞いてみましょう。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ