FC2ブログ

前田利家 その38 『氏郷と政宗の仲の取り持ち』

『加賀百万石の礎を築いた前田利家』

【氏郷と政宗の仲の取り持ち】

木村父子からの急報に接して会津の蒲生氏郷は、さっそく鎮圧に出動した。

伊達政宗にも出動要請が届いたが、そのころ氏郷は政宗に疑惑を感じていたようです。

実際、氏郷は一揆鎮圧に出動して、伊達領内では蒲生軍に宿を貸さない。野営したくてもむしろ一枚も

買えない。炊事の鍋釜も借りられず、薪も分けてもらいない。

氏郷は、政宗の対応態度に益々疑惑を持った。

生来、上方育ちの者が多い蒲生軍の将兵は、折からの大雪に見舞われて、作戦行動はひどい難儀を極

めた。

蒲生氏郷(1556-1595年)
ga.蒲生氏郷

政宗もようやく重い腰をあげて出動したものの、急に持病が悪化したとか、不都合な事態が生じるなどと

言い立てて、進撃をためらってばかりいる。

これでは政宗はやる気があるのかどうか怪しいものだと、益々疑惑を深くしているところへ、政宗の家臣

・須田伯耆が、密かに氏郷の老臣・蒲生源左兵衛の陣所に訪れて

「この一揆は政宗の煽動によるものであります。のみならず、政宗は氏郷殿を暗殺しようと企んでいます」

と密告した。

一揆が鎮圧された後、氏郷と政宗は秀吉の前で理非を対決することになり、蒲生氏郷と伊達政宗は極め

て仲が悪かった。

1591年夏ごろ、前田利家は秀吉から

「蒲生と伊達の仲を取り持って貰いたい」

という内命を受けた。

利家の嫡子・前田利長と蒲生氏郷は相婿、すなわち利長の夫人と氏郷の夫人はどちらも織田信長の娘と

いう縁故があったのです。

また、伊達政宗は小田原合戦の前後から、しきりに利家に接近している。奥羽の風雲児は、中央政権に

おいて誰が有力者なのか、秀吉に最も近い者は誰なのかを、独眼流と称されるその片眼でじっと眺めて

いたようです。

そして政宗の判断が正しいかったから、利家の口添えにより、秀吉から予想外に寛大な処遇を受けてい

ます。

秀吉は、かかる情実を承知していたので、蒲生氏郷と伊達政宗の仲の取り持ちを利家に依頼したのでし

ょう。

pig 20120529 001

ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

『戦国クイズ』

≪昨日の解答≫
一昨日の正解: 花押の針の穴
政宗に対する査問が行われると、政宗は一揆を煽動した証拠とされる密書は偽造されたものであり、本物の自分の書状は花押の鶺鴒の目の部分に針で穴を開けていると主張し、秀吉はこれを認めています。

≪本日の問題≫


                                    <参考文献:前田利家(井口朝生暑)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム